ハンドメイド作家のインスタグラムの活用の仕方【売上げアップ】




ハンドメイド作家として手作り商品を販売しているなら、SNSを宣伝や集客に使うと良いです。
SNSというと遊びのように思われがちですが、ビジネスとしてしっかり使いこなせば仕事を増やすことが出来ます。

実際私もSNSで企業さんからオファーを頂きお仕事につながりました。
今日はハンドメイド作家が使うべきSNS、「インスタグラム」をどのように活用するかをご紹介します。

ハンドメイド

この記事はこんな方の参考になります

  • ハンドメイド作家をしている
  • 主にネットで顧客や委託先を探している
  • 売れない作家から脱却したい
  • 売上げを上げたい

ハンドメイド作家のインスタグラムの活用の仕方

インスタグラムは主に画像を観ることを主体としている媒体なので、ハンドメイド作品の紹介にとてもマッチしています。

どんなに素敵な作品を作ってもお客様に知ってもらえなければ販売にはつながりませんので、しっかり紹介をして行きましょう。

 

作品紹介としてインスタグラムを使う

インスタグラム

※こちらはインスタグラムの「ハンドメイド」にハッシュタグが付いた物のスクリーンショットです。
投稿者が1枚目に設定している画像が並んでいます。

 

どのような作品を作っている作家なのかが分かるように、商品の写真を並べましょう。

  • 1枚目は写真映えする画像を載せる
  • 出来れば詳細写真も合わせて数枚載せると良い
  • 商品紹介
  • お手入れ方法
  • こだわった部分

これらをしっかりと文章で伝えます。

 

販売先はプロフィールのリンクに。
そこからしっかり販売につなげる導線を敷きます。

もし、雑貨店で委託販売しているなら雑貨店の名前やURL・住所などを載せておきましょう。

 

ファン・新規顧客を作る

インスタグラムの更新は購入者だけでなく、ファンや新規顧客の獲得にもつながります。
ハンドメイド作品が好きな方はインスタグラムで好みの物をチェックする方も多いです。

また、詳しい紹介をしている作家さんをフォローして新作を楽しみにしてくれるお客さんもいます。

 

取引先へのアピール

  • 作品の世界観
  • 更新の頻度
  • お客さんへのコメントなどの対応
  • 文章から人となり

 

ハンドメイド作品を取り扱う雑貨店や企業の方もインスタグラムをチェックされている方が多いです。
主に上記のようなところを見て、委託やコラボなどのお声をかけてくださいます。

 

この時結構重要なのが

  • フォロワーの数
  • ビジネスアカウントかどうか

 

この2点です。
根気も必要ですが楽しんで更新出来るならぜひトライしましょう。

 

※ビジネスアカウントには簡単に変えられます。
メールアドレスの公開が必要になります。
私はビジネスアカウントにしてすぐお仕事を頂きました。

 

インスタグラムのフォロワーの増やし方

  • 毎日1回は更新する
  • 写真にこだわる
  • いいねやコメントを積極的に行う
  • ハンドメイド以外の事はなるべく書かない
  • マイナスな事は発言しない

まずは100ポスト更新をめざし、100人フォロワーを増やします。
そこからはトライ&エラーを重ねながら1000人5000人と増やしていくのが理想です。

いかがでしたでしょうか。
本日はハンドメイド作家がやるべきSNSとして「インスタグラム」の活用方法をご紹介しました。

  • 売上げアップ
  • 顧客・ファンの獲得
  • 新規客の獲得
  • 取引先の獲得
  • スキルアップ

このような事に直結して行きますのでぜひ頑張りましょう。

 

スポンサーリンク

専門知識不要!ネットショップを簡単作成

HTMLやCSSなどの専門知識がなくても今は簡単にネットショップを作ることが出来るサービスがあります。

ハンドメイドショップをまずは無料で運営してみたい!
そんな方にとっても支持されているBASE。
香取慎吾さんのCMでおなじみです。

〇● BASE ●〇


初期費用・月額利用料0円からはじめるネットショップ【BASE】

ショップカードや名刺でお客様にアピールしよう

ショップカード(名刺)って本当に大事です。
リピーターさんの獲得にも商談にも役立ちます。

プロっぽい名刺がおすすめです。

 

〇● ビスタプリント ●〇
 


高品質フルカラー名刺100枚980円。豊富なテンプレートでwebで簡単作成!

About サカ 116 Articles
ハンドメイド作家としてデビューしたい、売り上げをあげたいという方の参考になるような手芸に関することを発信したいと思います。これから委託販売を始める方、イベントに出展される方の参考になりますように。