ハンドメイド ショップカードの作り方と必要性

アンティーク蚤の市

ハンドメイド作家としてイベントに出る時には必ず作って持っていきたいのが「ショップカード

 

スポンサーリンク

ショップカード

これは関西蚤の市でもらってきたものですが、とっても可愛いクリスマスツリーが描かれたはがきサイズのショップカードでした。

◇◆◇◆◇◆◇◆

 

ショップカードはなぜ必要?

たくさんのお店が一堂に会すイベントではよっぽどインパクトのある屋号やデザインで無い限り、その場で名前を覚えてもらう事は難しいです。

お買い物をした際に、また、ふらっと立ち寄った際にお客さんがフライヤーやショップカードを持って帰ってくれることで、「可愛かった、気になったお店」として刻まれることになります。

そういうわけで、ショップカードは「欲しい!飾りたい!持って帰りたい!」
そう思ってもらえる素敵な物にしましょう。

◇◆◇◆◇◆◇◆

 

ショップカードの作り方

千枚単位などの発注なら印刷屋さんに任す方が落。
でも、少ないロットの場合は自分で作ると良いと思います。

J-TRIMなどの無料画像ソフトを使って、あなたのブランドの魅力を伝えられるオシャレな画像を作り、さりげなくブログのURLやtwitterアカウントなど集客したい場所を記載し、印刷します。

大きさは、名刺大のものからB5くらいのチラシサイズの中で好きな物を選ぶと良いですが、
個人的にはお部屋に飾れるようなポストカード大がおすすめです。

◇◆◇◆◇◆◇◆

 

スポンサーリンク

ショップカードの並べ方

せっかく作っても持って帰ってもらえなければ意味がありません。
ご自由にどうぞ、 take free など、無料配布である事を分かりやすく明記して取りやすい所においておきましょう。

一人の人にガサっと持っていかれたりして困る・・・などがあればレジ横。
目の届く範囲に置いておくと良いと思います。

 

 

スポンサーリンク
About サカ 81 Articles
ハンドメイド作家としてデビューしたい、売り上げをあげたいという方の参考になるような手芸に関することを発信したいと思います。これから委託販売を始める方、イベントに出展される方の参考になりますように。